2014年07月10日

Lars Gårding逝去

7月4日に、Lars Gårdingが亡くなったそうです。

最近は、Lars Hörmanderの指導教員だった、という紹介をされるようですが、Gårdingの不等式等に名前を残す、偏微分方程式論に大きな貢献のあったスウェーデン人数学者です。ピアノも巧かったそうで、高城重躬さんの書かれたオーディオの本に、来日時に高城家のスタインウェイを弾いた、という写真があったのを覚えています。
RIP.

2013年06月12日

Sjostrand Conference

現代の超局所解析を代表する数学者の一人、Johannes Sjöstrandのための研究会が(ついに)開かれます。

http://www.math.u-bordeaux1.fr/microlocal/

彼は、このような催しがとても苦手らしく、60歳の機会には、本人の強い拒否のために開かれませんでした。たぶん今回は、退職の機会に、ということで説得されたのでしょう。数学者としては極めて高く評価されているのに、とても控えめで優しい性格の人です。まだまだ元気に、解析学を引っ張っていくと思います。

Congratulations!

2013年05月03日

駒場の5月

5月2日の午後は、駒場では、とてもいい天気でした。

駒場の外れには、このような池があります。

2013-05-02-12rouike.jpg

本郷の三四郎池に対抗して、一二郎池と呼ばれているそうです。

銀杏並木も、新緑が眩しい季節です。

2013-05-02-IchouNamiki.jpg

2013年01月26日

Erik Balslev, RIP.

散乱理論や量子力学共鳴の理論に多くの業績を残した、デンマークのErik Balslev氏が、昨年11月に亡くなったそうです。加藤敏夫先生の弟子で、Aarhus大学に散乱理論の伝統を育んだ人でもあります。とても温厚な方でした。冥福をお祈りします。

http://pure.au.dk/portal/en/persons/id%28242bb5e0-9723-4704-943a-fff00881b596%29.html

2012年10月18日

Stockholm

滞在中、一回だけストックホルムに行きました。ガムラスタンでの情景です。本当に、観光地です。

2012-09-15-GamlaStan1.jpg


今回の旅行の写真は、ほとんど全てiPhone 4Sのカメラによるものです。携帯電話のカメラでも、光が充分にある状況では、意外なほどに良く撮れます。(暗いと厳しいですが。)

2012年10月17日

Djursholm (5)

研究所の近所の道端の風景です。左に見える小さな建物は、モンテッソーリ教育の幼稚園のようです。

2012-10-02-Leaves.jpg


帰国の頃には、すっかり秋が深まった感じでした。

2012-10-05-path.jpg